秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト 秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト

秩父札所五番 語歌堂


小川山(おがわさん) 語歌堂(ごかどう)
本尊:准胝観世音菩薩(じゅんていかんぜおんぼさつ) 宗派:臨済宗南禅寺派

武甲山を正面に見ながら野良道を行くと小さな仁王門に出会う。
このお堂は、長興寺の壇徒であった本間孫八が、慈覚大師の作と伝えられている観音を得て、これを安置するために建立した。
納経は、250mほど離れたところにある長興寺でおこなわれている

住所:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬6086
電話:0494-23-4701


准胝観世音菩薩

西国・坂東・秩父の日本百番観音霊場の中でも、本尊が准胝観世音菩薩(じゅんていかんぜおんぼさつ)なのは、秩父札所五番の語歌堂と西国札所十一番の上醍醐寺(かみだいごじ)のみ。
慈覚大師の作と伝えられ、長寿や心の迷いを救う功徳があるとされている。

語歌堂

ある時、観音堂で旅の僧と長興寺の大旦那である本間孫八が和歌の奥義を語り合っていたが、明け方に僧はかき消すようにいなくなってしまった。孫八は、旅の僧が聖徳太子の化身と悟り、語歌堂と名付けた。(聖徳太子ではなく、救世観音といわれることもある。)

札所五番への行き方

西武鉄道・西武秩父駅から西武観光バス「定峰・皆野駅(三沢経由)ゆき」で15分、「語歌橋」下車徒歩3分。納経所のある長興寺へは、札所五番から徒歩3分。札所四番から徒歩20分(1.3km)。

駐車場

普通車:可 マイクロバス:可

現在、お知らせはありません。