秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト 秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト

秩父札所三十二番 法性寺


般若山(はんにゃさん) 法性寺(ほうしょうじ)
本尊:聖観世音菩薩 宗派:曹洞宗

岩船山を背にする山寺で、舞台造りの観音堂は享保4年(1719年)に建立された。
寺の楼門には「般若山」の立派な扁額が掲げられ、上階はそのまま鐘楼になっており大きな梵鐘がある。
石段を上がると本堂があり、そこから先の岩を削った石段を登ると観音堂がある。岩船山の頂上には奥の院があり、そこからの眺めは辛い分だけ登った価値がある見晴らしだ。
秋海棠(シュウカイドウ)が見ごろの頃と、「観音堂」「奥の院」にあがられる方で、納経をされない方は300円の拝観料が必要となる。

住所:埼玉県秩父郡小鹿野町般若2661
電話:0494-75-3200


舞台造りの観音堂

秩父札所唯一の鐘楼門をくぐり石段を登ると本堂がある。その前を通り岩を削った段をさらに登ると岩壁から張り出した舞台造りの観音堂に着く。
観音堂は、宝永4年(1707年)の建立といわれ、行基菩薩作と伝えられる本尊の聖観世音菩薩が安置されている。

お船観音

観音堂からお船岩と呼ばれる岩壁を登り、鎖場もある急な山道を進んだ先に奥の院があり、観音像と大日如来像が安置されている。
奥の院までは、かなりの気力と体力を要するが、本堂前の奥の院遥拝所(足型)から岩上の観音様を拝することができる。

札所三十二番への行き方

西武鉄道・西武秩父駅から西武観光バス「小鹿野車庫・栗尾ゆき」バス38分、小鹿野町役場下車、小鹿野町営バス「駒木野ゆき」乗り換え・バス18分、札所32番下車すぐ。または、「小鹿野車庫・栗尾ゆき」で三島下車、大日峠もしくは古洞峠を徒歩で越えた場合70~80分、松井田下車徒歩40分。三十一番から徒歩約3時間。(10.3km)

駐車場

普通車:可 マイクロバス:可 大型バス:可