秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト 秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト
トップページ >  秩父三十四ヶ所観音霊場

秩父三十四ヶ所観音霊場

 

秩父札所とは

秩父札所三十四ヶ所観音霊場は、埼玉県秩父市・秩父郡横瀬町・秩父郡皆野町・秩父郡小鹿野町に点在し、西国三十三ヶ所、坂東三十三ヶ所とともに日本百番観音に数えられています。

秩父札所のおこり

秩父札所のおこりは、遠く文暦元年(1234)甲午3月18日開創と伝えられ、長享2年(1488)の秩父札所番付(札所32番蔵)が実在する事から、既に室町時代末期には秩父札所があったと考えられ、江戸時代になると観音信仰は庶民の心の支えとして流布し、隆盛をみるようになりました。

秩父巡礼は、一番四萬部寺から三十四番水潜寺迄、一巡約100キロほどあります。霊場を結んで続く巡礼の沿道は、桑畑や野菜畑、田んぼのひろがるのどかな田園風景が残っており、都会生活者にとっては実になつかしいふるさと散歩が楽しめる行楽地といえます。町中を歩くと、さすがに古い町で土蔵造りの民家や商家が思わぬところに残っているのも魅力です。段丘にひらけた高篠の里、菜の花の咲く春や澄んだ空が美しい初夏。秩父のシンボル武甲山を見上げながら歩く横瀬の里歩き。秋は稲穂の賞金色を全景に秩父ののどかな姿を見せてくれるでしょう。 素朴な風土に培われた秩父札所霊場の観音様は多くの人々から親しまれ、幸せを祈る人々や救いを求める人々に、安らぎと御利益を与えたまうでしょう。

秩父札所の位置