秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト 秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト
トップページ >  札所十三番慈眼寺 初薬師縁日を修行します

札所十三番慈眼寺 初薬師縁日を修行します

薬師粥の振る舞い

薬師粥の振る舞い

秩父札所三十四ヶ寺観音霊場

十三番 慈眼寺からお知らせです

毎月8日は薬師如来の縁日です。慈眼寺では毎月8日に例祭としてお話しと祈りの集いと称し、薬師縁日祈願法要を厳修しております。
特に1月8日は初薬師縁日として毎年多くのご参拝者をお迎えしております。
薬師如来は、”め”にご利益のある佛様。

昨今、パソコンだけでなく、スマホ、タブレットなどを長時間見つめる人が多く、目の疲れを訴えております。

眼にご利益があるのが、薬師如来です

めのお寺慈眼寺の薬師如来は、通称「あめ薬師」と言われ、秩父地方だけでなく、関東一円からお参りの方にお参りいただいております。
特に1月8日と7月8日は、大祭として、特別な御祈願を致します。

眼に悩みをお持ちの方は、御祈願をお勧め致します。
祈願料は,1000円から申し受け致します。

詳しいことは、お電話、メールにてお問合せ下さい
電話 0494-23-6813
メール 13banjigeji@gmail.com

午前9時から祈願法会を始め、午後4時には、終了となります。
その間、境内では
薬師粥、甘酒のお振る舞い
開運お福分け福引きが行われます。
福引きでは、特賞「秩父夜祭り桟敷席ペア券」の他、境内に出店したお店の商品を購入できる商品券が当たります。
お粥は、例年800食ほど用意しておりますが、午後1時過ぎには、なくなることもあります。
福引きも先着1000名様です。
お早めにお出かけ下さい!

投稿日 2016年01月04日 |